So-net無料ブログ作成
検索選択
猪の防御技術 ブログトップ

増加猪 [猪の防御技術]

 猪の狩り場を探査した10/23猪の餓鬼連れは林道を大稼ぎして堀後が何処の林道にもあり、里山の水稲取り入れも終わり、水田の周りをメツシューで防御してあり、稼ぎ場は里山のグロ周りを荒稼ぎているか゛、これも解禁までの掘り返しで、その後は奥山の寝屋え引き上げて行くのである。

シイの実が落懸ちる頃、シイ山に近い所に寝屋を構えていることが通年の俳諧である。また、タケノコの掘り返しで、地中のタケノコを稼ぐ12月には、竹林の堀に変化するであろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

獣害対策 [猪の防御技術]

   イノシシのひ害が蔓延する中で、捕獲の方法は銃器に頼るものと、捕獲檻や括り罠による捕獲は、技術の向上が必要で、例えば檻による捕獲で「単に餌」を散布するにも撒き方の方法は、幾通りにも散布する、まき方があり、最初は良いが、猪の学習の進歩するにしたがつて、全く入らないと言う状態が続き、中に入らなくても檻の下を掘り、糠等の餌を下から得る方法を行う利口な猪が出現している。

  猪の脚くくり罠にも、臭い抜きの技があり、猪の通い道に臭いの抜いて無い罠を架設すると、今まで通っていた獣道を全く使わなくなる、このことを「罠猟師」は「止める」と言って対立する銃猟隊の妨害を行ってしまう事も、度々聞こえてくる。名

 猪や鹿の跡が 急に無くなると、とめたな?と解読する事もある。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イノシシ察知能力 [猪の防御技術]

 イノシシが学習することは、知られているが どうしても解らないのは罠架設する際、完璧なほど獣道を変化させない方法で地下に仕掛けを施して穴を掘った跡の土と周囲の草や木の枝にも変化しない配慮で取り扱いには、「初心の注意」をする架設法で大きなビニールを敷き、その上に立って作業をするので有るが、跡の始末は「篩い」で土や腐葉土を篩いながら上に被せるのである。罠掛け時間は、10~20分ほどである、時間が掛かると「人の残臭」が濃く立ちこめてしまい、周囲の残臭を長く残存することに為るため、可能な限り短時間で架設しなければ為らない。

 罠の臭いを抜く技実は、様々な工夫があり、水田の泥の中につけ込んだり、架設する場所の土壌に埋けておいたり、落葉樹の落ち葉等で埋めておく方法や、渋柿の渋をつかつたり、栗のイガで煮込んだりして奪臭する、谷川に浸けて去らしたりするのである。

 



共通テーマ:日記・雑感
猪の防御技術 ブログトップ